読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々穏

アレルギー持ちのシンプルライフと子育ての記録

sponsored link

洗い桶も、水切りかごもどっちも欲しい

断捨離続きでほんとに物が減ってきました我が家。キッチン断捨離の大物といえば水切りかごと洗い桶、、最近では何もおかずに、ティータオルを置いて水切りかごの代わりにしている人も多いですよね。

 

我が家はどーーしてもこの2つが欲しくて、断捨離に躊躇していました。

洗い桶は消毒や浸け置きに便利だし、水切りかごは拭いてしまうまでの工程が一気にできない時(子供が騒ぐの時なんかに)便利なんですよねぇ。ティータオルに洗いあがった食器をふせとくと、カビ生えます。ぎゃー

 

かといって出しっ放しも、2つ持つのも嫌。基本的に雑菌増殖対策を乾燥で行うタイプの人間なので、戸棚の中に洗い桶をしまったりするのも嫌。

そんなワガママを叶えるために、こちらを選択しました。

リッチェル 折りたためる水切り 「レイ」 ホワイト

 水切りかごとして売られている商品ですが、シリコンとプラスチックでできた桶部分は洗い桶にもなります。

お皿などを立てづらいのが難点ですが深さがあるのでお皿を山積みにはできます。テッキトーな私にはこれで十分。

 

f:id:promenade39:20161029003445j:image

 

電子レンジ収納の一番下の部分に

 

f:id:promenade39:20161029003548j:image

 こんなふうに収めています。存在を消すことができるのでキッチンもすっきりー

 

f:id:promenade39:20161029003657j:image

 

してるほうなんです、、これでも。毎食後このぐらいの状態にまでは何の労力なく戻せます。

ただ、とにかく乾きにくいものと頻繁に使いすぎなものに関しては外に出しておきたい派なので、ミニマリストのキッチンと比べればごっちゃり感ありますね。まぁいいのです、ごっこだから。ゆるミニマルです。

 

リッチェルの折りたたみ水切りかご、買って正解でしたー。

 

sponsored link