読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々穏

アレルギー持ちのシンプルライフと子育ての記録

sponsored link

子供の服についたくだものシミの落とし方

ライフハック 子育て
子どもの服についた果物のシミ、困ってませんか?

 

私は困ってます。

 

イチゴ ・ モモ ・ さくらんぼ ・ スイカ

ちょっとでも放置すると全然シミが取れなくなる。やられたらすぐ洗う!早めの対策が必須なんてことは知ってるけど、すぐに対応できないこともある…そしてしみだらけになったTシャツを前に膝から崩れ落ちる…。ありませんか?

 

私はあります。

 

ばあちゃんが喜び勇んで買ってきた白いブランド物のTシャツを汚される。

 

あるある!

 

一応、食器洗い洗剤でもみ洗いしたり、酵素系漂白剤につけたりしてみても効果はイマイチ。

暑くなってきたし、という事で最近ではオムツ一丁で食べさせてるくらいですがお出かけなどすれば状況的にムリ!という場面も多々。シミもつき放題。

で、悩んでいたところママ友さんから救いの手が!

直射日光に当ててみると、落ちるよ!

彼女にそれを聞いたのは、みかんのシミに悩んでいた季節

それから、ももやさくらんぼでも試してますが、確かに直射日光に当てるたびにシミが薄くなってくんですよ!

さすがに真っ白とはいかないですが、着られるくらいにはなります。

私は普通に干すのではなくて、なるべく平干しに近い状態にして、ガンガン日光に当ててます。

日光で分解されるシミというのは他にもあるみたいで、ケチャップをはじめとしたトマトのシミや、カレーのシミもこの方法で落ちるそう。

カレーのシミに至ってはインド人直伝の落とし方だそうなので期待大です。今度やってみよう!

 

あ、でも一緒にプリントも薄くなるかも…そこは自己責任で。

私は気にならないけど…。

ほんと、いいこと聞いたわ!ありがとう!!ありがとう!!

シミでお悩みの方、ぜひお試しくださいな。みんな知ってることなのかもだけど、知らなかった私はめっちゃ感動したので紹介させてもらいました。

 

ただしブドウはちょっと頑固者。

 

 
sponsored link