読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々穏

アレルギー持ちのシンプルライフと子育ての記録

sponsored link

乳幼児連れで沖縄旅行!私の考えた最楽コースはこれ

今年、我が家の夏休みは10月でした。

超今更感がありますが、今年の事は今年のうちに

2歳と0歳を連れて、無理なくのんびり沖縄を回れるコースをご紹介します。 

f:id:promenade39:20151209162802j:plain

旅の目的はのんびり!

今回の旅の目的は「のんびり」

10月も下旬で、台風の心配も少ないだろうと沖縄をチョイスしたらまさかの台風に大当たり !

しかし、後半2日ほどがぐずついた天気だっただけで、割と晴れました。ラッキー 

とにかく乳幼児を連れて楽ができるようにまず重要視したのは、ホテルとビーチがドアtoドアなこと、和室があること、那覇から近いこと、最悪台風に当たった場合、ホテル内である程度遊べること

楽天トラベルで5日間のパック旅行を発見したのでそちらを予約

最安値なんじゃないか!?というくらいのお値段で旅行できました。

行きは3時半の便、帰りは11時の便と、若干キツイスケジュールな感じはありますが、中3日かなりゆったりと楽しみました。 

f:id:promenade39:20151209162902j:plain

初めての飛行機

乳幼児を連れての初飛行機はかなり緊張しました。導入として、我が家では「魔女の宅急便」を見せまくり、キキみたいにお空を飛ぼうね~と楽し気に洗脳!

これが効いたのか、最初は怖がっていましたが、離陸してしまえば問題なく乗れてました。

CAさんたちがめちゃめちゃ気を使ってくれて、至れり尽くせりで泣きそうでした。

 

f:id:promenade39:20151209162918j:plain

子連れに猛烈におススメしたいムーンビーチパレスホテル

 チェックインが遅くなりそうでひやひやしていましたが、なんとか20時前にはホテルにたどり着きました。沖縄は車社会、通勤ラッシュの時間帯に引っかかると大渋滞・・・。

今回は恩納村のムーンビーチパレスホテルというところに宿泊でした。

www.palace-okinawa.com

ここは西海岸のリゾートホテル群の中ではちょっと古めで修学旅行生御用達という感じのホテルなんですが、私は大好き。もう子連れに最適すぎて全力でお勧めしたい。

素晴らしいところが多すぎるので箇条書きでご紹介します。

  • すぐビーチ
  • ビーチからお部屋まで水着でOK
  • ロビーにいけすがあって、ウミガメや大きなお魚がいっぱい
  • 南国のお魚が見られるようにミニ水族館のようになってる
  • 電子レンジやコインランドリーなど、長期滞在にうれしい仕様
  • とにかくホテルが広ーい。駆け回れる。
  • 和洋室がある
  • ベビー用の浴衣や、おむつごみ箱、その他至れり尽くせり
  • シーズン中は海水浴場がしっかり整備されている
  • クラゲ防止ネット完備、おっきなお魚がビーチ内を泳いでます!
  • 室内プール完備!
  • 室内ジム完備!
  • ティータイムにビュッフェあり

実は、私が小学生のころからたびたびこちらのホテルにお世話になっていて、我が子と来ることができて今回はちょっぴり感動しました。 


f:id:promenade39:20151209162934j:plain

観光というか、ほぼドライブ

 海水浴のほかにも。ぬるーく観光しました。全日とも、海水浴や砂遊びで疲れた子供達が車に乗るとお昼寝を始めてしまうという感じだったので、ほぼドライブ 。

 

 以前北部の古宇利島というところに子宝祈願に行っていたので、お礼参りに。以前と同様に道路からそっと手を合わせましたが、古宇利島はかなり観光開発がされていて、5年前とは様子がガラッと変わっていました。以前は、島のおばさんに頼み込んで場所を教えてもらったけれど、おばさんのやってるお店ももうないし御嶽の入り口には厳重に柵がされていました。

そこは女性しか行ってはいけない場所、正式にお参りしたいなら、島の人に頼んでちゃんとお参りの決まりを守らなければならない神聖な場所なんだそうです。

私は当時、外からお参りする程度にしなさいと言われたので今回も同じように外からお礼をしました。踏み荒らさないで、というおばさんの言葉がまだ印象に残っています。


写真は名護のパイナップルパーク

名護に戻ったあたりで車の中でお昼寝していた子供たちが起きたので、せっかくだからパイナップルパークに行きました。

とっても観光地らしくて面白かったです。自動運転のカートに乗ってパイナップルだらけの園内を回るのですが、子どもは大喜び!パイナップルが大好きになったようです。

 

f:id:promenade39:20151209162954j:plain

道の駅2連発

 滞在中は道の駅にもかなりお世話になりました!道の駅って、土地の野菜が豊富でとってもユニークだけど、沖縄のそれは段違い! もう普通の野菜売ってないね!?という感じですし、食べ物屋さんもしっかり土地のモノ。

特に売ってるお弁当が激安!外食の濃い味付けに飽きたらお弁当もオススメです。

すっごく家庭的で、ボリュームたっぷりで、安い!

 

なかゆくい市場おんなの駅

おんなの駅(沖縄県の道の駅)☆沖縄県のお土産(おみやげ)☆沖縄県国頭郡恩納村の道の駅「なかゆくい市場 おんなの駅」です☆おんなの駅(株式会社ONNA)☆

とりあえずここに行っとけばすべてOK、ホテルから車で10分弱のおんなの駅にはいつもお世話になってます。食べ物屋さんもあれば、お土産も売ってれば野菜も豊富。

沖縄独特の柑橘類やパイナップルを買い込んでホテルで食べたり、楽しかったです。

 

道の駅許田やんばる物産センター

【公式】名護市にある「道の駅」許田 やんばる物産センター

全国第一位の道の駅、許田!晴れていたら素晴らしい絶景が望める素敵な道の駅です。

私的なおすすめはこちらで売っているてんぷら!もずくや紅ショウガのてんぷらすっごくおいしかったー

f:id:promenade39:20151209163009j:plain

平日のはずなのに、駐車場は車でいっぱいでびっくりしました。子どもたちとみんなでジェラートを食べました。 

  

f:id:promenade39:20151209163022j:plain

私の本命(ゴメン)やちむんの旅 

皿好きの私にとって、今回の旅のおたのしみであった「やちむん」探し

ホテルからやちむんの窯が多く立ち並ぶ読谷までは車で20分くらいなので行かせてもらいました。

 

一翠窯

もう、大好きな一翠窯さん。こちらは長浜という、やちむんの里からはさらに10分くらい離れた場所にあります。なんだか静かな浜が広がる小さな町で、雰囲気もいい感じ。

ちょっとモダンなやちむんが並んでいて、北欧食器とかとも相性がよさそう。

試作品、とおっしゃっていましたが、素敵な湯飲みがあったのでそちらを購入

宝物になりました。

f:id:promenade39:20151209163141j:plain

やちむんの里

こちらは やちむんの有名な窯元が集結している読谷村のやちむんの里

古式ゆかしいやちむんが多い印象。手持ちに和食器が多いならこちらでみつけたやちむんが好相性だなあ、と感じました。

もっとゆっくり見たかったけど、駆け足で。

とっても沖縄らしい空間で癒されました。

 

今回は平日にぼんやりと沖縄の地で過ごせたおかげで、今までバタバタと沖縄観光して見過ごしていたものたちをゆっくりと感じることができました。

地元のスーパーに行ったり、何もない海岸を散歩したりも楽しかったなあ。

また来年も行きたい!いけるかな笑

  

sponsored link